なかなかイメージできずにかなり悩んでしまいました。

face-2936245__340.jpg

こんにちは、Waka です。 


今日は、イメージングにおいて、
「なかなかイメージできなかったという失敗」を
シェアしたいと思います。


よく、自己啓発本やそれらのセミナーでは、
「願望実現にはイメージが大事です」ということを
言われていると思います。


私は以前、知る人ぞ知る某トレーナーに、
5年ほどイメージングを習いに通っていました。


ちなみになにか変わったかと言われれば、
よくわかりません。


ただ、世の中が操作されていることは、
見えるようになってきました。
(そこを離れて、見えることもやはりありました)



そこで質問する人は、

「○○するには、どんなイメージをすればよいですか?」
とか、
「私は、イメージする力が乏しいようですが、
どうしたらよいですか?」

みたいな質問をしています。


しかも、質問する人が違うだけで、
質問内容はほとんど同じです。


多くの人が引っかかる共通点だということです。



実は私も、
「夢を叶えるための特別なイメージ」が、
潜在意識に入ると、夢を叶えてくれる!!と、
本気で思っていました(笑)


だって権威がそう言うのですから。
(こういうのを権威催眠というそうです)


でも、それは、ポジショントークというか、
セールスコピーだったのですね。

夢を叶えるナントかかんとか…というやつです。


実際にはそんなものはありませんでした。



■現実にあなたを動かしているものは、、、



「今考えていること」です。



「この先、きっとこうなるだろうなあ」という
予測に影響されています。



「この先、きっとダメだろうなあ」という
予測に影響されて、
動きを躊躇させられたり、絶望したり、

心臓がドキドキしたり、
手に汗をかいたり。



「この先、きっとうまくいったら、気持いいだろうなあ」
という予測に、行動が加速したり、
しています。

「またやりたいなあと思う」とおもいます。


良くも悪くも、
「きっとこうなる」と思うと、
そうなるように期待して、
物事を視るようになります。

「もうダメだ」にも、
「もっとイケる」にも、

どちらにでも行けるということです。


他人に対して、こいつはダメだと思うと、
その人に対してどんどんダメだと思うように
視てしまいます。


自分に対しても、同じで、
自分はもうダメだと思うと、
自分がダメな証拠をどんどん探して
見つけて確認します。



もちろん無意識にです。
(潜在意識は無意識です。)




■潜在意識に伝えるイメージは、ゴールイメージだけと言われるのですが。



潜在意識は、
「現実とイメージの区別がつかない」
という性質があります。


ということは、
「現実でもイメージでもどっちでもかまわない」
ということになります。


なので、
なりたい自分のイメージを探します。



ここで、私がやってしまったのは、

「見つからない自分を責めていた」

ということです。


見つからないこと自体、
なんでもないことです。


最近、好きな食べ物に出会っていない、、、くらい、
責める材料になりません(笑)


ピンときてしまったら、
どうせそのことに夢中になりますから、
ただただ自分の好きなものを探していればいいのに。。。


潜在意識には、イメージに感情が伴ってしまうと入る、
という性質もあります。

自分を責めるときって、
決してイイ気分ではないですよね。

なので、「自分はダメだというイメージ」が、
ガンガンに伝わってしまっていたということです。

一般的に言うと、
自分に対してダメだと印象づけていた、
という言い方になると思います。

こんなのただの自殺行為ですよ。


イメージできないのは、知らないから(笑)


今考えると、本当にくだらないです。


こんなことで落ち込むなんて!!


恋愛で言うと、
今はただ好きな人がいない
というだけなのに。

「何月何日までに、
好きな人を見つけなさい!! 」

すごく変だと思いませんか?


出会ってないんだから、
知らないよ、
という話です。


■結論


知らないからと言って、
自分を責めるのは、ナンセンス。
それどころか毒にしかならない。


なので正直な話、
潜在意識系のセミナーに大枚はたいて行っても、
幸せになれるかは、わかりません。


だって、
重要なことは、
自分の快感(うれしい、楽しい、美味しい、気持ちいい等)を、
見逃さずキャッチしていくことに敏感になることですから。




目的は、潜在意識に使い方と知ることではなく、
「幸せに生きること」だと思います。


自分が行きたい先を、
自分で知っていることです。


それがわかるのは、
セミナー会場ではなく、
日常生活だからです。



それでは、またお会いしましょう!!


この記事へのコメント