自分にリアリティが無いと、そのイメージにはまったく影響されない。

こんにちは、 ゴールデンウィークも後半ですが、 淡々と次の計画に向けて準備を進めている Waka です。 きのう(5月2日)はゴールデンウィークの真ん中、 1日だけ出勤という、 なんとも中途半端なシチュエーションでした。 やはり、何日も休みの状態が続くと、 『自分のリズムで生活する時間が長くなる』 ということになります。 そうなると、 「本来は、純粋に『行きたいなぁと思う頭の中の予定』があって、 行きたくなるもんだなぁ」 なんて、しみじみ感じてしまいました。 あたまの中で、これから体感する状態を想像して、 おそらく気持ちいい、楽しいいんだろうなぁ、 と体感している感じです。 想像して、気持いいんだろうなぁ、 という状態が、想像できたら、 『自然と行動したくなる』 という状態になります。 逆に、行く前に、 『うーん、なんだか行きたくないなぁ』 となるときは、 やはり、ある場面を想像できてしまって、 楽しそうに思えないとか、 あいつと顔を合わせたくないとか、 なにかしら不快になることが、 あらかじめ予想されます。 なので、自然と『行かない』という選択をすると思います。 想像力って、こんなに人の行動に影響力があるんですね。 (なので、コマーシャルと…

続きを読む

それでも、あなたはイメージに振り回され続けるのだ!!

こんにちは、Waka です。 今日は、 「感情的になってしまうイメージに振り回され続ける」 ということについて考えていきます。 この理屈がわかると、 自分をゆるせるかもしれませんよ!? 前回、「腰痛持ち」というセルフイメージは、どうやってできたのか?治ったらアレしよ~ですね!! という記事を書きました。 その後の腰痛の経過についてですが。 痛かったです。 でも、もう大丈夫です。 ようやく、 「ああ~、やっぱり治った!!」 よいう確信が持てました。 前回の記事で、 ・・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ つまり、 「私は、腰痛持ち」という印象(イメージ)を持ってしまった というだけの話です(笑) ・・・・…・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ という事を書きました。 でも、でも、でも、やっぱり痛い(泣) 痛い!!ってものすごいインパクト!! 生存本能にとっては緊急事態ですよね…

続きを読む

「腰痛持ち」というセルフイメージは、どうやってできたのか?治ったらアレしよ~ですね!!

こんにちは、 6日間寝たきりだった Waka です。 6日のうち3日は、「これはヤバイな~」と 悶々としていました。 いやー久々に、 ぎっくり腰(急性腰痛症)を発症してしまいました。 ひさびさと言っても、約3年ぶりなんですよね。 振り返ると、だいたい3年ごとに発症していますね。 それで、 「ああ~、オレは正真正銘、腰痛持ちだわ~」 なんて、「ふと」思ってしまいました。 「ふと、自然と、なんの疑いも無く」、 「そういえば私は腰痛持ちですね」、 と思っています。 なんの話かと言うと、 セルフイメージの話です。 セルフイメージとは、 「私は○○です」という、 自分への印象というふうに、 本やなんかで説明されているものです。 ふと、なんとなく、「ああ~、オレって腰痛持ちなんだ~」と思ってしまったのです。 それにしても変だと思いませんか???? だって私が前回、ぎっくり腰を発症したのは、 もう3年も前の話ですよ。 なのに、 今回の発症を受けて、 「あぁ~オレ、腰痛持ちだ~」と自然と無意識に何の疑いもなく、 思ってしまっています。 よっぽど、痛くてショックを受けたインパクトがあったんだと、 思います(笑) これがいつ治るのか? いつ仕事に復帰で…

続きを読む